犬と猫と海と美味しいゴハン

アクセスカウンタ

zoom RSS 昼のワインは きく〜〜

<<   作成日時 : 2017/05/18 17:01   >>

驚いた ブログ気持玉 93 / トラックバック 0 / コメント 33

ホテルファミリーオ館山 でワインを楽しむ食事会に参加しました。
ホテルは海に面していて、ヨガや シーカヤックなども行われています。
画像


海山レストラン Buono
画像


画像


こんな感じで ほとんどが友人、夫婦 みたいな二人組でした。

大皿で来るので4、5人でシェアします。
   画像 
画像
        画像                  
画像
画像
画像
画像
画像
画像



南イタリアをめぐるリフレッシングな6種類のワインをワインアドバイザーが選んでこられました。
それぞれのワインの味、産地、など レジメ付きで話されましたけど、
後半はほとんど聞いていなかったわ 

参加者は皆さん酒好き ワイン好きでおいしいものが好きなので
食べながら、飲みながら、初めて会ったのにおしゃべりをして ワイワイ楽しく 過ごしました。

駅まで送迎付きなので 私たちは安心して飲んでいました

駅からは かっぜぇに〜ふかれて〜〜〜 のんびり

料金は一人4500円で、ランチ無料券を1枚いただきました





画像

  帰ると さんぽだよ〜とたろが待っていました。




楽しいことばかりではありません。
翌日は悲しいことが・・・

たろの散歩時 10mほど先にカラスが白い何かを引きちぎっている様に見えました。

正直、動物だったらいやだなぁ〜、動いていないしなぁ〜 と様子を見ていたら

叫び声ではないけれど 猫の声がします。

周りに猫の姿はないし、また声が聞こえます。

カラスの足元のものは全く動いていません。

あ〜〜〜泣きたい気分です。

とにかくカラスを追い払おうと小石を投げましたが 見事に方向違いのほうへ飛んでいきました。

よし、たろ 行け〜〜〜

カラスは飛び立ちましたがそばの電柱の上に陣取っています。

丁度反対方向から女性がやって来て

「どうしたんですか?」と言いつつ その白いものを見てくれました
「子猫ですね」


私は全く見ることはできなかったのにその女性は当然のように見て生きているか確認してくれました。

上にはカラスが待っているし、ほっておくことはできません。

女性は車の中から靴箱を空けてくれタオルを入れて子猫を入れてくれました。

連れて帰りますというと、

送りましょうと言ってくださったんです。

たろの散歩中で靴箱も抱えてでは大変だと思われた様です。

犬を飼っているので、たろが車に乗ることも毛が抜けることも大丈夫ですよ。と

本当に助かりました。

すぐに かかりつけの獣医さんの所へ子猫を連れて行きました。

お尻の部分をやられていて かなり厳しい状態の様です。

とりあえず、入院をお願いしました。

翌日、午前中に様子を聞きにいくと

尿管など、内臓の一部がなくなっていて、助けられないこと、痛みは感じていないこと、意識はもうないという事でした。

今のままでもそう長くはないということなので

このまま暖かい酸素室にいさせてもらい、苦しむようなら注射をお願いしました。

同じ日 夕方、電話があり、迎えに行きました。

苦しまずにいったようです

シートとタオルが敷かれたあの靴箱に庭の花を入れ、土に戻しました

獣医さんとの話

ふっくらとした、きれいな子猫だったのでおそらく親猫と一緒にいただろう
1か月くらいの大きさだったのでカラスがさらってきたのだろう
カラスは2か月くらいの子猫は捕まえて飛べること

はなも子猫の時 たろの散歩についてきた時
カラスがはなの前に降り立ちました。
慌てて 「たろ、いけ〜〜〜
無事でしたが、子猫のはなは固まっていました。

はなも捨てられていた時、怖い目に会ったのかもしれないです。

もう少し早く散歩に出ていたらと思ってしまいます。

仕方のないことなんですが・・・


今のはなは 堂々としています・・・すぎるか?
画像

画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 93
驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた 驚いた
ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス ナイス
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい かわいい
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(33件)

内 容 ニックネーム/日時
子猫さん、残念です。外猫さん達、みんな無事に生きぬいてほしいです。
外猫さんを見ると最近涙が…
かるち
2017/05/18 17:47
くそっ!カラスの馬鹿野郎
子猫の季節そういう話があると知ってましたが
まさか身近で聞くとわ・・・
厳しい・・・残念やけど最後は温かいとこで逝けたのが救いですよ
協力してくれた方世の中捨てたもんじゃない
はなちゃんも何かトラウマになることあっんやろか?
そら
2017/05/18 20:20
近所の公園では、やはりカラスが子猫を、猫もまたカラスの子を襲いますし、完全な自然でないとはいえ自然は弱いものに厳しいですね・・・
その子猫は助けられなくて残念でしたけど、コマダムさんとたろちゃんと親切な方に最後にご縁があって、ちょっと救われました。今度はカラスに襲われないところに生まれてくるんだよ〜って祈ります。
pmarin
2017/05/18 21:29
絶対的な強いものを倒したいですね。
こういう時に猛禽類を放ってカラスを倒したいですね。
関わりを持ちたく無い自然もありますね。残念です。
freehand
2017/05/18 21:52
コマダムさんは優しいかたですね。
櫻弁当
2017/05/18 22:59
(´;ω;`)…
ああしていればこうしていればと、つい思ってしまいますよね
自分は道路で倒れていた子を送ったことがありますが、自然の生き物相手ならともかく、轢いたことが判るだろうに放置して行くやつも居るし病院に駆け込む人も居るってのがこの世なんですよねえ…轢き逃げしたやつは呪いを受けろ凸(-_-メ)…
コマダムさんたちのお陰でちびすけは安らかに旅立てたんだとは思いますが、でもやっぱ(`;ω;´)
摩利紫天@analog-ya
2017/05/19 08:25
カラスは本当に獰猛ですね。
子猫ちゃん本当に可哀想。
記事を読んでいて涙がこぼれそうになりましたよ。
以前テレビで放映していましたが、
農家の人が山で牛を放牧して飼っていると、
カラスが牛の背中に乗っかって、
牛の肉を嘴で突っついて食べるそうです。
農家の人は牛が売り物にならないと嘆いてましたね。
カメさん
2017/05/19 13:02
はなは、悲しみのコマダムさんに寄り添ってくれましたか?
はな
2017/05/19 16:44
 かるちさま
ある程度の大きさになればさっと逃げることもできますからね。
運のある子だけが生き延びられるのはわかっていても・・・

 そらさま
カラスは無敵かもしれませんよ。トビもいてますけど、集団でくるカラスから逃げていますね。私もカラスがたむろってたら怖いですもん。黒いヤンキー集団か
たろは…怖さを知らへんからオリャ〜ってぶっとんでいきますよ。

 pmarinさま
散歩時にたろが草むらを気にすることが多くなっています。
この時期子猫がまた捨てられていたりしているんでしょうか
もう、かんべんして〜〜
人に愛されている幸せな猫、犬と そうで無い仔たち、天と地ほどの差がありすぎます。

 freehandさま
カラスは徒党を組んで襲ってくる時もあるからびっくりします。
そばで見ると結構大きいですしね、私も怖いです。
自然は力のあるものが残っていくんでしょうか。
コマダム
2017/05/19 21:19
 櫻弁当さま
子猫を見捨てていけば、最後に手を下したのは私自身という気がしたんです。
そういうのがとても嫌なんですね。関わってしまわなければ関係ないのに関わってしまったからやむを得なかったんですよ。だからかわいい元気な仔猫がいても うかつに手を出しません。ぐっと我慢して優しいわけではないんですよ

 摩利紫天さま
エライです
私は怖くって見ることもできません。でも何かはわかるので、心の中で神様にそばに置いてくださいとお願いしています。それだけです。
あと車に乗っている時「犬も猫も人間もたぬきも狐もなんもでてこないでね」とおまじないを言ってます。車は急に止まれないんですからね。今まで無事故です。

 カメさんさま
カラスは適応能力が強いんでしょうね。どこに行ってもいますね。
山登りに行ってもいるのには驚きます。
ごみの中からも食べられるものを選び出すし、数は減らないですね。
牛は痛くっても背中だからどうしようもないんでしょうね

 はなさま
たろとはなはいつも通りですが、幸せそうな食べっぷりを見ていると癒されますよ。
コマダム
2017/05/19 21:43
あまりにも悲しい話で…
それぞれの命に定められた寿命があるとは思いますが、こういう形で幼い命が奪われるのは何とも居たたまれない気持ちになります。自然界の事でどうしようも無いのも分かるのですが、カラスは残飯だけさらっとけ!って今は思います。
そう言えばカラス、追い立てた犬に反撃して目を突いたと聞いたことがあります。たろちゃんも気を付けてくださいね。
で、ワインを飲んだ後の散歩は千鳥足になってませんでした?
うずら
2017/05/20 01:40
なんとコメントをしたら良いのか。
自然界は本当に残酷です。
コマダムさんと車の女性の優しさが胸にしみました。
子猫ちゃんが苦しまないで旅立ったのがせめてもの救いですね。
うふふ
2017/05/20 06:21
 うずらさま
はい、私もカラスはごみを食べ散らかすけれど、それで生きて行ってほしいと思います。たまに砂浜に打ち上げられた魚も食べていいよ。
ユリカモメやトビ、鳩は襲わないほうがいいよ。仲間だからね。
たろにはいつもカラスの方が絶対賢いから、吠えるだけにしなよと言い聞かせていますが、お構いなしです、ワンワン
千鳥足なんてかわいいことになったことは今までございません、きっぱりといえますよ 

 うふふさま
カラスの数が多いこと、野良ネコも多いこと、どこかいびつさを感じます。
今は子猫が生まれる季節なのか、、散歩時もドキドキして歩いています。
コマダム
2017/05/20 09:23
もし私が遭遇していたらどうしていただろうと考えさせられました。
コマダムさんは優しいです、靴箱の方も。仔猫ちゃんは心優しい方々に見守られて旅立ったんですね。
keitan
2017/05/20 10:27
子猫ちゃん 残念でしたね コマダムさんの行動に感動です 子猫ちゃんも安らかに天国に行かれたと思います。
ゴン太
2017/05/20 18:58
 keitanさま
私は動物を家族としておられる方はきっと同じことをされたと思います。
生きていて、助けられるお金があればなんとかしてやりたいとね。
助かった後は、その時に考えればいいと思っていました。
問題はすでに死んでいた時は私は、叫びながら逃げていきます。情けないですが、怖いんですよ。どういう状態でもなんとかできる人は本当にえらいなと思います。

 ゴン太さま
以前ワンちゃんを飼われていたとの事でしたよね。
じゃあ、きっと同じことをされたと思います。
うちのあたりは捨て猫が多いですが、生き残れる運のある仔は少ないです。
コマダム
2017/05/20 21:26
ウチのきいろも一昨年病気をした時、痩せてヨロヨロ歩いていたのでカラスに見張られてました。
動物番組では南極のペンギンの子がカモメにやられる場面も見ました。
鳥って口ばしでつつくからダメージ大きいんですよね。
運が悪いと諦めるしかない・・・ですかね・・・
ひじっ子
2017/05/20 21:59
子猫ちゃん、切なすぎます。
とても残念でしたが優しい方と出会い、コマダムさんに見送ってもらえてよかった…
生まれ変わって来るときははなちゃんのように幸せに大きく育ってね…
サイ
2017/05/20 22:00
前半の話に、にゃっふ〜いいよねぇ〜昼ワイン♪ とニヤニヤ読んでいましたが、、、、

仔猫さん。。。。。。
カラスとて生きるためには喰わねばならず、、、でもねぇ
切ないです
もし私が同じような場面に遭遇したら、同じようにしていたでしょう
見ぬふりをして通りすぎれば、きっと後で後悔するのがわかっていますから
マーシャの乳母や
2017/05/20 23:35
 ひじっ子さま
弱いものには容赦がないのが自然の掟なんでしょうが、厳しいですね。
きいちゃんも、はなも外に行くときは慎重ですね。
空から襲ってくるかもしれない敵にも気を付けているんでしょうね、きっと。
その割には車にスリスリするのはなぜか、不思議です。
いちばん危険だと思うけどね。

 サイさま
おうちの中で可愛がられている自由猫も含めて、幸せな一生を過ごせたらいいですね。
それには人の影響が大きいです。
野良を増やさない、ごみを捨てない、チョットしたことだと思うんですけど。
今度は何に生まれ変わっても幸せでありますように

 マーシャの乳母やさま
そうです、また棘が刺さることになるんです。
結果残念でしたが、棘は刺さらなかった様です。
そのうち、何かの拍子にふっと思い出すんでしょう。
はなは面倒見の良いことは実証済みですから、あとは たろをものともしない根性のある猫がうちの子になれるんです・・・はなのようにね。
だから、うかつにかわいいだけでは、手を出せません、いくらかわいくってもね。
「がんばるんだよ〜」とエールは送っていますけど。
コマダム
2017/05/21 10:12
おいしそうな料理とワインに羨ましいなぁ〜と思いつつ、子猫の件で涙です。
カラスって、ひどいことしますね〜
こうして命を落としていく子猫がいることがいたたまれなくなります。
最後のお世話をしてくださって、コマダムさんに感謝です。
たぁくんママ
2017/05/21 12:46
 たぁくんママさま
カラスも生きていくためとはわかっていますが、残酷だと思いますね。
野生の動物は首筋をかんで命を絶ってからと思いますけど、鳥は結構することがきついです。といっても はなもハンターですから遊び半分ですよね
コマダム
2017/05/21 14:21
カラスも子育て中だったんでしょうね。弱肉強食の世界だからしょうがないんでしょうが、目の前では辛いですね。
雨の日、ワンの散歩中、カラスが猫を引きずってました。子猫には見えなかったので、何かで死んでしまった仔を見つけてきたんだとは思いますが心が痛みました。ワンたちが近づいても逃げない、私も怖くて近づけなかった。

仔猫ちゃん、苦しまないで、暖かい人たちに見守られて逝けて
せめてもの救いです。
なななつのママ
2017/05/21 14:38
カラスが子猫を
ちょっと考えられませんねぇ・・・
コマダムさんの優しい心遣いに感動しました。

ワインの試飲会、羨ましいわ〜
ロコ
2017/05/21 16:34
 なななつのママさま
ウワ〜、それもショックだわ
カラスが集まっていると何かいや〜な感じがします。
集団の中にたろ行け〜 とは言えないです。こわいもの・・・

 ロコさま
カラスはかなり頭がいいですから、弱いものは見抜くんでしょうね。
童謡のカラスとは別物ですよ。
運転しなくっていいから安心していただきましたよ。
コマダム
2017/05/21 21:23
ホテルでの豪華の食事、素敵ですね〜。楽しい時間を過ごされたのですね。
食事自体がとても絵になっているなと思いました。
ところで、子猫の話は実に過酷な現実を突きつけられた感じがします。動物も生きていくのは大変なのだと。ただ、コマダムさんの優しさは子猫に伝わっていることでしょう。
ミクミティ
2017/05/21 21:25
コマダムさんは優しい方ですね。
車で送ってくださった方も。
子猫ちゃん、悲惨な最期でしたけど、ほんの一時でも人間の優しさを感じてもらえたかな〜と思います。
みかんちゃんにごはんをあげている時、カラスがじっとみているんですよね〜食べ終わるまで油断ができません。
ノア
2017/05/21 22:28
カラスも生きていくうえで致し方ない事ですが、それでも悲しく涙が出ます。
子猫ちゃんも二人の優しい女性の優しさに包まれながら、虹の向こうに旅立てたのでしょう。
野良二代目(オス)を餌付けしている頃、我が家の裏の畑で子猫の鳴き声。見るとカラスがよちよち歩きの子猫をじっと見ていました。
慌てて野良の母猫(二代目のガールフレンド?)のところへ連れて行きました。
2ヶ月くらいなら捕まえられるって獣医さんの言葉にびっくり。
あのままにしていたら、連れ去られていたのですね。
羽を広げるとカラスもけっこう大きいですよね。
猫ねこネコ
2017/05/22 08:37
 ミクミティさま
写真を撮るとき構図とまでは行きませんが、余裕のあるときは配置を考えるようになりました。もっともほとんどワア〜〜〜、カシャカシャなんですけどね。動くモデルさんが多いので。
全くの野生ではないだけに、人間の影響も多いと思います。
カラスが増えるのもカップ麺など食べ残して捨てていますからね。

 ノアさま
みかんちゃんのことを考えているノアさんは優しい方ですよ。
置き去りシロとクロに朝ごはんをあげて、ゴミ捨てに行き、戻ってみるとカラスが食べていました。人が近づくと逃げますが、大人猫二匹よりつよいということですね。それからは食べ終わるまでそばで見ています。カラスに食べさせるつもりはありませんから

 猫ねこネコさま
危なかったですよ。
獣医さんの話は、丁度、カラスが子猫をつかまえて飛ぶところを男性が石を投げて子猫を落としたということです。男性はその仔ねこを連れて獣医さんの所に連れてきたそうです。
カラスはそばで見ると大きいし、くちばしもでっかいですよ。
なななつのママさんのコメでカラスの力の強さに驚きます。
コマダム
2017/05/22 13:49
海に面したホテルで<ワインを楽しむ食事会>・・・そんな季節になって来ましたね!
おぉ!たろちゃんははなちゃんと対照的なスッキリしたお腹ですね!?
そうそう、カラスは猫の天敵ですからね!
宮星
2017/05/22 21:30
 宮星さま
痛いところを突っ込まれました
たろも胴回りはそこそこ有りますが、たれていないんですよね、オジサンなのに。
宮星さんはダンスでスレンダーなんでしたね。
コマダム
2017/05/23 15:24
コマダムさん こんばんは!
先日このお話を読んで ショックでした。で コメントを〜〜と思っていたら 電話がなったりして それっきりになってしまいました。

本当に可愛そうな子猫ちゃん! カラスには怒り心頭!
そしてなにより コマダムさんには頭が下がります。
私この状況に接して コマダムさんのような行動がとれるかな?
自分の飼猫なら即対応できるでしょうけどね。
優しいコマダムさんと車の女性に最後の最期に出逢えて良かったです。
しおん
2017/05/25 22:46
 しおんさま
こういう言い方は良くないですが、野良犬は見ることもなくなったので、カラスの餌食になるのは見たことはありません。
海岸沿いは捨て猫が、まだ足元もおぼつかないくらいの子猫がまとめて捨てられます
昔住んでいたところで仔猫を袋に入れて海に捨てていたおっさんがいました。
どうすることもできなかったのですが、このほうがまだマシかなと思ってしまいます。
カラスは徒党を組んで狙っているんですよ、嫌ですね。
コマダム
2017/05/26 14:03

コメントする help

ニックネーム
本 文
昼のワインは きく〜〜 犬と猫と海と美味しいゴハン/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる